2011年6月から青年海外協力隊としてネパールで活動中。げーりーinネパール。自分の心に正直に、一生懸命生きていこうと思います。


by erico520

プロフィールを見る
画像一覧

2012.2.3 *221日目*

最近思ったこんなこと。

教育ってすごいなーと。
d0238236_23564441.jpg

(スゲー!っとな)

協力隊までまったくっていっていいほど「先生」っていう職業に魅力を感じてなかったな、と。

身近に先生をしてる親戚もいるし、
うちの親も大学とか専門とかの講師してるし、
教育に携わってる人いっぱいいるのに、
将来の夢を考えたとき、一回も

先生になろう!

て思ったことなかったな。と。

けど、同期の隊員には先生がいっぱいいて、
いろいろ話すうちに先生ってめっちゃすばらしい仕事なのか!
とはじめて知りました。

して、ネパールに来てから。

うちの任地、ネパールでマオイストの事件があってから15年程ボランティアが入ってませんでした。(マオイストに関しては今度なにかのときに。)

でも ヒロシ・ワタナベ って名前をよく聞くんですね。

15、20年前くらいに私の学校にヒロシ・ワタナベがいたよ!
ってめっちゃみんな言う。

本当みんな覚えてる。


なんか、教育ってそういうことなんだな、って思いました。



ん?はしょりすぎ?

だからね、

記憶に残る

ってことなんだかな、と。



教育の世界にいない人が教育について語るのもなんだかと思いますが。



小さいときに習った勉強以外のことって全部が全部じゃないけど記憶に残ってるもので、
いろんな考え方って結局そこが原点になってたりしてて、
もちろん勉強もだけど、
勉強以外のことで、その子たちの記憶に残る何かを伝えるのが教育の醍醐味なのかと感じました。

というか、
ボランティアという活動もそれに通じるな、と感じました。
私がやろうとしてることってその人たちの意識に何かしら変化をもたらすことで、
それはそんな簡単にできることじゃなくて。
何年も何十年もかかることで。

すぐは変わらなくても、時間がたったときに、ふっと
あー何年か前に来てたエリコ、こんなこと言ってたなー
とか
エリコが言ってたことってこういうことだったのかなー
とか
本当にふっと思い出してくれれば嬉しいなと。

まだこっちに来て半年なんだから、もっと意気込んでやった方がいいのかな笑

なんとなく最近思ってたこんなこと。
お伝えしてみやした。

うちの子も時間をかけてやっと
私の部屋に入るときに靴を脱いでくれるようになりました。
d0238236_23553292.jpg

よしよし。
[PR]
by erico520 | 2012-02-03 23:57

カテゴリ

全体
diary
未分類

以前の記事

2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

2012.8.27 *426..
at 2012-08-27 21:08
2012.8.21 *420..
at 2012-08-21 20:55
2012.7.8 *376日目*
at 2012-07-09 00:28
2012.6.21 *358..
at 2012-06-21 12:56
2012.5.25
at 2012-05-26 02:11

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧